ママワークスで電話をかける仕事は迷惑にならないですかね? 体験談を収集しました

ママワークスは、子育て中のママでも働く場所や時間を選びやすい、新しいワークスタイルを提案する求人サービスです。
そのママワークス内でも多く掲載されている『電話をかけるお仕事』。
ちょっと興味はあるけど気になる「電話営業は迷惑?」をテーマに、今回は先輩ママの体験談も交えて詳しくご紹介していきます。

ママワークスで営業電話をかける仕事の内容

営業電話を自らかけるお仕事は、アウトバウンドとも呼ばれています。
このアウトバウンド業務は、企業または個人に電話をかけて商品やサービスについての説明・勧誘を行うものです。
では、ママワークスに求人掲載されている営業電話をかけるお仕事は、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
勤務形態には、会社での勤務はもちろん、自宅パソコンとインターネット環境・ヘッドセットを用いて在宅で行うケースがあります。
お仕事内容に関しては、有料広告掲載依頼、企業への企画紹介、取り扱い商品やサービスの案内など様々です。
そのため、自分に興味のある商品やサービスについての紹介業務を行う企業を探してみると、より楽しくお仕事をできるかもしれません。
また、ママワークスに掲載されているお仕事を閲覧してみると、クライアント企業の特性によって営業電話を『企業にかける』、『個人にかける』、もしくは『企業・個人ともにかける』など、どこに電話をかけるかは様々です。
営業電話をかけるお仕事が初めての場合でも、ほとんどの場合トークマニュアルの用意があります。
加えて、実際に業務をスタートする前に、会社での研修やオンライン研修の機会が設けられており、サポートも手厚いと言えます。
さらに、働くママが子どもの学校行事や突然の発熱・病気などに安心して対応できるように、『突然のお休み・突然の出勤OK』などの環境が整っている企業も少なくありません。ノルマに関しても企業により様々ですが、設けていない場合や、目標件数などの目安がある場合が多くみられます。
報酬は、1架電あたり○円またはアポイント○円、さらにインセンティブのある企業もあります。

電話をかける先に迷惑になっていない?

「顔も知らない初めての人に電話するのはドキドキしてしまう。」
「突然電話をかけたら迷惑では…。」
そんな風に考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
誰にとっても見ず知らずの人に電話をかけることは、多かれ少なかれ不安に感じることがあると思います。
実際のお仕事では、クライアントから事前にニーズに合いそうな顧客を抽出した電話リストに沿って架電をしていきます。
しかし電話をかけた先の顧客ニーズに合わない場合、またタイミングが悪い場合などは、途中で切られてしまうことが実際にあります。
それは事前約束をして営業をするお仕事とは違い、突然電話をかけるわけですからある程度仕方のないことかもしれません。
その一方で、最後まで耳を傾けてもらえ、さらに顧客の必要とする情報を提供できる場合もあり、その際は達成感が得られます。
やはり電話をかける先に迷惑になっていないかどうかは、どうしても顧客次第とも言えるでしょう。
そういった状況の中まず自分でできることといえば、まずは第一声から元気よくハキハキ話すこと、「お客さまに貴重なお時間を頂いている。」、「メリットがあることをご案内している」など前向きな気持ちでいることです。
まずは自分。
自分に自信を持つと、耳を傾けてもらえる可能性が高まります。

電話をかける仕事をした先輩の口コミを集めてみた

「でも実際に、電話をかけるお仕事をしてみて大変だったり、迷惑になったり、そんな経験はあるのかな。」と気になる方もいらっしゃると思います。
そこで、ママワークスを活用して電話をかけるアウトバウンド業務経験のある先輩ママにお話を伺いました。

「企業に対して、英会話研修の紹介をするアウトバウンドのお仕事を1年前からやっています。
電話をかける仕事を探していた時、学生時代から英語が好きだった英語に関することを業務としている今の会社を見つけました。
とはいえ、電話のお仕事は初めてだったので、正直すごく不安もありました。
新人の頃は、マニュアルがあるとは言っても、一社一社状況は違うので質問も様々。
焦ることも多かったですね。
最初は、説明がうまくできず、お客さまに叱られたこともありました。
でも、社内に常駐しているトレーナーの方がいらっしゃるので、困った時にはすぐに助けてもらえて心強かったです。
何度助けられたかわかりません。
失敗しても、『失敗しても割り切る』などコツや心構えを教えてもらったり。
でもそれから、一つひとつ経験を積み重ねていって、コツもつかんできました。
電話での営業は、自分の足で行く営業とはまた違って場数が多く踏めるので、スキルアップも早いと思います。
あとはこのお仕事を通して、営業が初めてだった私もビジネスマナーや電話応対力が自然と身についてスキルアップできたかなと、ちょっと自信になりました。(34歳)」

「在宅で、浄水器を扱う企業のスタッフとして電話をかけるお仕事をしています。
早いもので、このお仕事を始めてそろそろ2年になります。
お客さま登録をしている個人のお宅に電話をかけて、もうすぐ浄水器の使用期限が切れるタイミングなので、新たなフィルターはいかがですか、とおすすめするお話をしています。どうしても日によってはなかなかアポイントが取れなかったり、すぐ切られてしまうことがあるのですが、割り切っていますよ。
突然かけているので、仕方ないですからね。
タイミングもありますし。
でも最初の頃は落ち込みました。
電話に出てもらえて話をしていると、電話の後ろで赤ちゃんの泣き声がしたり、忙しいのかお客さまの声のトーンが低めだったり様々です。
そんな時は、相手の状況や立場を想像して臨機応変に対応しています。
お客さまによってこちらの対応を変えてお伝えすると、上手くいくこともあって。
そこがこのお仕事の面白いところだったり魅力かな、と思います。
相手が見えない電話だからこその気遣いや想像力を大事にすることを自分のテーマとして、業務をしています。(40歳)」

まとめ

今回は、『ママワークスの電話をかけるお仕事は、迷惑にならないかどうか』について紹介してきました。

  • ママワークスに掲載されている電話をかけるお仕事は、会社または在宅での勤務の求人があり、『突然のお休み・出勤OK』など、働くママに優しい労働環境が整っている企業が多い。
  • 突然電話をかけるお仕事であるため、すぐ切られてしまったり、なかなか成果に結びつかないこともあるが、経験を積み重ねていくうちにコツをつかめるようになる。
  • 迷惑をかけてしまうこともあるが、臨機応変に顧客と接することで道が開けることもある。

電話は、相手のタイミングに関係なく時間をいただくことが多いため、突然の電話は迷惑がられてしまうことも少なくありません。
しかし、心を込めて伝えることにより、顧客の求めることに応えられることや、必要としているものを案内できた時は、何ものにも代えがたい喜びを感じることができます。
初心者でも、子育てで忙しいママでも、安心してできるお仕事です。
まず、トライしてみてはいかがでしょうか。